エレナ

エレナ - 2018/06/14 07:44 - 質問/相談

法人契約のオーナーチェンジ (手続きと現状回復)
【手続きは?】★現オーナーは、6月末までで9月から新オーナーに変更

★元々、11月には契約更新
不動産屋さんには、話をしました。更新時に契約書を作り直すので、新オーナーの登記簿謄本とか必要書類を提出するようにと言われましたが、6月末までで辞めて11月にならないと名義が変更された契約書はないです。
7月~10月は旧オーナーのままの契約書で何かあった場合不安なのですが、不動産屋さんはどこもこのようなやり方が通常なんでしょうか?
7月~10月は契約上の借主がいないことになりますが、大家としては、トラブル回避の為に、新オーナーは、9月からでなく7月からにしてほしいと言うべきでしょうか?
他にも何かありましたら教えてください。

【現状回復は?】★契約当初の内装工事で無断で基礎コンクリートの壁にくいのようなものを打たれました。
かなり大きな音で1階なのに5階までわかるほどのドリル音でした。
びっくりして、中断してもらい不動産屋さんに話しをしましたが、たいした問題ではないような態度で借主への助言はありませんでした。
壁の表面ではなく建物本体コンクリートに達するくいです。
人間が体重をかけても抜けない器具を設置する為らしかったですので。
その際、借主が大工の代表者の一級建築士を呼び、不動産屋さんと私との4者で話をし、基礎コンクリートに問題はないとの話しで終わりました。
現状回復その際に穴を充填するだけでは足りない工事になったら負担してくださいとの話しで終わりました。
まっさらなコンクリートにくいを打ち込めばそこから経年劣化や地震などでそこから亀裂が入りやすくなり建物に影響をきたすように思いますので不安です。
この件をしっかり現オーナーが引き継ぎの際に解決させておきたいのですが、どんな方法がありますでしょうか?
今、私が思いつく限りは、当方側で一級建築士を呼び
工事箇所の確認をしてもらい想定される現状回復工事内容、金額をだしてもらい。その内容をきちんと盛り込んだ念書を書いてもらうことですが、皆様に教えて頂けたら助かります。
グッド(0 がんばれ(1 同感(0)
109人が見ました - コメント 0件

facebookでコメントする