iitenki

iitenki - 2018/11/25 12:29 - 質問/相談

退去後の債権回収の取り交わし文書
父からアパートを相続したオーナー初心者です。

1年以上家賃を滞納していたデイサービス事業者と度重なる催促と交渉の末、何とか今月末に退去していただく事を合意しました。
その後、これまでの家賃滞納額約300万円と、途中解約の解約違約金約200万円を支払う事も合意し、その解約と返済については書面で取り交わしをいたしました。

次の段階として、その債務を毎月少しづつ返済する形としたいとの計画を提示してきた為、先方の会社の状況を鑑みてそれで了承する事としました。

そして、この返済計画を何らか文書で取り交わしておきたいと思っていますが、このような場合はどのような文書にするのが良いのか悩んでいます。
覚書や、債務承認弁済契約書のようなもので両者のサインをするものが良いのか、借用書や念書のようなものを作成していただくのがよいのか。
これにも連帯保証人を付けた方がよいのか等。
今後の回収において最も有利となるのはどのようなものが良いか、アドバイスいただけましたら幸いです。

よろしくお願いします。
グッド(0 がんばれ(0 同感(0)
155人が見ました - コメント 3件

コメント

にほんねこ

にほんねこ - 2018/11/25 22:09 - 会員のみ公開

このコメントは会員のみ公開されています。

facebookでコメントする